[ スポンサーリンク ]

Google Home(AIスピーカー)とは

機械と話すことの出来る世界がすぐそこにGoogle Home


長年の技術を結集してプログラミングではないしゃべることの出来る機械を開発、言語処理機能があるので、例えば朝の挨拶でおはようといえばおはようございますと返してくれます。いちいち情報端末を開かなくても調べたいことがあればグーグルホームに話かけることで対処してくれます。

誰もがあこがれのある機械と話すを体現したグーグルホーム

1980年代から今日に至るまでの映画やアニメーションによって、どの年代に限らずある憧れを抱くようになっています。

その憧れというのが、ドラえもんやアトムそしてスターウォーズのように意思を通わし話が出来る機械とおしゃべりをしたいということです。

ただ現実には難しいことは承知しており、しゃべるロボットの開発は出来ていますがそれはあくまでプログラミングされた情報を元にしゃべることなので機械としゃべるとは程遠い存在であるといえます。

そのため機械としゃべるというのは夢物語であり、誰もが遠い未来の話であると思っていたのですが2016年に突如流れが変わります。

それは世界シェアナンバーワンのインフォメーションテクノロジー企業のグーグルが、長年の技術を結集してプログラミングではないしゃべることの出来る機械を開発したのです。その機械というのがグーグルホームなのです。


グーグルホームとはどんな技術であり使用方法とは

グーグルホームは内蔵された情報処理チップを介して様々な情報を処理する機械です。グーグルホームは施設内のネット環境と直結して情報入手と処理を行い、人間が調べたいキーワードを言葉で入力すればすぐに返答してくれます。

これは人間の言葉を信号として認識するチップを内蔵しているからであり、いちいち情報端末を開かなくても調べたいことがあればグーグルホームに話かけることで対処してくれます。

一般的な使い方としては現在送受信しているメールの内容やあて先への返答そしてスカイプと連動しての通信です。

それ以外にも言語処理機能があるので、例えば朝の挨拶でおはようといえばおはようございますと返してくれます。

今後の活用法としてはスケジュール管理や意思の疎通をもっと出来るようにすることで一人暮らし世帯やお年寄り世帯での生活の助けなどが期待されます。

[ スポンサーリンク ]